メインビジュアル

ベリーダンス効果

ベリーダンス効果は、健康はもちろん精神的にも良い効果を発揮します。ダンスは心肺能力によい働きをもたらし、ベリーダンスは身体の柔軟性と強靱さを増強させます。胴体や「コア・マッスル(体幹)」を引き締める効果があることはもちろん、脚の筋力形成にもよい影響をもたらします。多くのベリーダンス・スタイルは筋肉の「孤立した動き」を強調するため、ダンスを学ぶことで様々な筋肉や独立した筋肉系統の動かし方を習得することができます。ヴェールを使ったダンスは腕や肩、他の上半身の筋肉を鍛えることに繋がり、ジルの演奏は筋力強化と指一本一本をバラバラに動かす事にも繋がります。ベリーダンスは全ての年齢・体型に適したダンスであり、参加する人それぞれに応じて肉体的な負荷を選択することが可能です。

また他にも、女性は出産も楽になるかも?!と言われています。それはベリーダンスの運動は腰周りの筋肉を使うめ、ダンスに使われるお尻の円運動が出産の疲労感を和らげるのでは?と言われています。

ベリーダンスの効果はシェイプアップだけではなく、美容や健康にも良いと言われており、さらに、美肌効果、腰痛や肩こり、女性の方には生理不順や生理痛、更年期障害や不妊症にも効果的だと言われています。

リーダンスの基本的な踊りは下腹の下の方に軸を置き、体の力を抜いて柔らかく動かす踊りです。この柔らかい動きが体の代謝を良くする働きがあるので、体全体に対して様々な効果を生みます。見かけの滑らかな動きに反して、内側では波打つような動きをします。インナーマッスルが鍛えられることによって、身体を土台からつくりあげていきます。効果を実感できてきたときには、土台がしっかりしてきているので、簡単に元に戻ったりすることはないのでリバウンドもしない。と嬉しい効果があります。

腰痛・肩こりに効果あり

ベリーダンスは自然な流れで踊ることにより、内臓や骨を支えている身体のインナーマッスルが鍛えられ、筋肉の緊張がほぐれます。緊張がほぐれることによって、血液の流れがよくなり、肩コリや関節痛などに効果があります。

腰痛も同じように、ベリーダンスは腰を中心に動かしていくダンスなので、腰のまわりのインナーマッスルが特に鍛えられ、インナーマッスルによって腰が支えられるので腰痛も自然と治っていきます。 医学的にも座ってることが多い人、姿勢が悪いことから来る腰痛を改善するには、ベリーダンスはとっても効果的とされています。

美肌・小顔にも効果あり

ベリーダンスの基本的な4つ目の動きとしてベリーロールという動きがあるのですが、この動きはお腹を出す、引っ込める、上から下に、下から上にという動きを繰り返し行う動きです。この動きによって、腹部にある胃や腸が動かされます。意識的に動かすことにより、胃や腸の働きが活性化され、それに伴い肝臓や腎臓の働きも活発化されます。臓器の働きが活性化されると、代謝が促進され、血行がよくなりリンパの流れも活性化されていきます。活性化されたことにより、身体の中の老廃物が外にだされたり、腸の動きの活性化により便秘が解消され、ニキビがでなくなったりと、美肌効果を得ることができます。

ベリーダンスの基本的な5つ目の動きとしてヘッドスライドがあります。ヘッドスライドは肩を動かさず、首だけを前後左右に動かします。よって頚椎が柔らかくなり、首のリンパの流れがよくなり、顔がはっきりと小顔になってきます。また常に笑顔で踊るため、表情筋が鍛えられ、顔の筋肉のたるみを防止することにつながりますのでほうれい線など気になる女性には嬉しい効果です。